Max Racing マックスレーシング

第5戦 ピレリスーパー耐久シリーズ2018 MOTEGI SUPER TAIKYUの報告

2018年9月22日(土)- 23日(日)
「ピレリスーパー耐久シリーズ2018 5戦」
もてぎスーパー耐久 5Hours Raceが「ツインリンクもてぎ」にて開催されました。

 

22日の予選走行ですが、前日の練習走行からの雨により若干ウエットな路面状況で、予選走行時にも雨がぱらつきレインタイヤで走る場面もありましたが、なんとかノーマルタイヤでのセットアップができました。

 

 

午後からの予選走行ではAドライバーのGoMax、Bドライバーの田中哲也の合算タイムにより予選6位となりました。

 

予選終了時にはメカニックにより、タイヤ交換のテストやマシン調整が行われ、翌日の本戦へ向けての準備を整え予選を終了しました。

 

23日の本戦は、若干曇りではありましたが、安定した天気となり気温もスタート直前には30度近くまで上がってきました。

 

本戦直前のグリッドウォークでも念入りにマシンチェックが行われ、ドライバーも最終の打ち合わせや、それぞれレースに向けて集中力を高めている様子でした。

本戦開始後、AドライバーのGoMaxが少しでも順位を上げようと猛プッシュし、コースアウトしてしまいましたが、その後猛烈な追い上げを見せ、一時38位まで下げた順位を11位まで取り返し、Bドライバーの田中哲也へと交代しました。

田中哲也もピットストップにより、20位まで下がってしまった順位を瞬く間に6位まで戻し、上位争いに食い込む体勢まで持っていく走りをみせました。

59週目、ゼッケン24番スリーボンド日産自動車大学校GT-Rがシフト系トラブルによりピットイン、その間に5位へ順位を上げ、Cドライバー佐藤公哉へとバトンを渡しました。

Cドライバー佐藤公哉は安定した走りをみせ、上位チームへ少しずつ近づいていき、最後のピットストップでBドライバー田中哲也へバトンを託しました。

田中は最後の追い上げをみせ、チームの最速タイムを更新するも上位チームに届かず、5位でフィニッシュとなりました。

 

 

 

今季のレースも残すところあと一戦、岡山を残すところとなりますが、岡山では有終の美を飾るべくMaxRacingチーム一同全力を出し切りますので、応援の程よろしくお願いします!