Max Racing マックスレーシング

2020 AUTOBACS SUPER GT Rd8 最終戦@富士スピードウェイ

スーパーGT2020シーズンも最終戦を迎え今期4度目の富士SW!
各チームウエイトハンデもなくデータも揃い挑む予選、6台もコースレコードを記録するハイレベルなレースとなりましたが、予選好調!決勝は9番グリッドから!

   

スタートドライバーは三宅です。順調にラップタイムを刻み、8〜10位をキープし周回を増やしていき規定の周回を消化、堤にドライバーチェンジ!このまま初のポイント獲得を狙いチームの思いを乗せ後半に入ります。順調に堤が走りだし数分が経ったところでオフィシャルから「244号車 ピット作業違反検証中」の放送が流れます。
なんと給油ノズルを抜く前に前輪タイヤ作業に入った疑いがかけられたのです。検証結果はピット作業違反。。。チームにとって痛すぎるドライブスルーペナルティが下され、追い打ちを描けるように原因不明のタイヤ内圧が上がりすぎによる交換を余儀なくされるトラブルにも見舞われたが、最下位は免れ24位でチェッカー
参戦初年度に表彰台、ポイント獲得はなりませんでしたが全ての関係者の方々、ファンの皆様のたくさんの応援が力となり今シーズンを走り抜く事が出来ました。来年は結果を出せるように頑張ります。スーパーGT2020 MAXRacing応援本当にありがとうございました!
スーパーGT2020はシーズン終了しましたが、スーパー耐久もあります!まだまだMAXRacing走り切ります!