Max Racing マックスレーシング

スーパー耐久レース2020開幕戦

9月5日土曜日スーパー耐久2020開幕戦は富士スピードウェイでレースが行われました。
時間はスーパ耐久始まって今年3年目の24時間レースになります。


ドライバーは田中徹選手、田中哲也選手、三宅淳詞選手、佐藤公哉選手の4人です。
まずレース前日の予選でクラス3番手につけれましたが、レースは24時間なので何が起きるかわかりませんので、予選が終わった後もドライバーやメカニックの人達で入念にチェックやミーティングを行いました。

レース当日、最初のドライバーは田中徹選手です。
そして無事スタートを切り先の長いサバイバルレースが始まりました。

最初のポイントは田中徹選手から田中哲也選手へのドライバーチェンジの時でした。


少し雨が降ってきている時に雨雲レーダーを見て素早く判断した監督の一言「タイヤをレインにチェンジ!」これが見事にはまり順位を2番手に上げていったのですが、凄い雨量と日が完璧に落ちたのもあって熟練ドライバーである田中哲也選手も、危険を感じるほどコースコンディションが悪く感じ始めた頃に赤旗中断。
それからおよそ4時間半後に再スタートを切り、そこからは若い2人の佐藤、三宅選手が天候が不安定な中、先輩ドライバーの倍の時間を走り頑張ります。

しかし明るくなり暫くして突然エンジンが吹けなくなり緊急ピットイン。
原因は電子アクセルの不調でした。当然そこから順位は落ちましたが、無事コースに復帰してそこで田中徹選手がファーステストラップを出しますが、また同じトラブルで今度はピットに帰れなくなり修理できるエリアで救済し、再びピットイン。
そこでマシンを点検しながらスタッフであと何周走ればポイントを取れるのかを計算し、みんなで諦めることなく無事4位チェッカーを受けることが出来ました。
スーパー耐久レースは開幕が24時間でしたが、そこでドライバーやメカニックやスタッフの絆が出来て次戦から更に期待の持てるチームになりました