Max Racing マックスレーシング

2020 AUTOBACS SUPER GT Rd3 鈴鹿決勝

2020 AUTOBACS SUPER GT Rd3 鈴鹿決勝

クラス4番手と今シーズンベストグリッドで迎えた決勝。

降雨の予想もありましたが予選に引き続き炎天下の中で行われました。

 

スタートドライバーは三宅淳詞!フォーメーションラップからローリングスタート成功!となったところで後続車がスピン。

周目からセーフティカーが入る波乱の幕開けとなり、気温・路面温度共に上昇した天候、コーナーが多い鈴鹿!その後も続々とスピンやクラッシュが起き荒れたレース展開だが、スタートより順位を1つ落としクラス5位をキープ。28週を走ったところで三宅選手がピットイン。

久保凜太郎に代わります。

 ここからポイント獲得、初の表彰台に向け巻き返し!と誰もが意気込んだところで21号車と接触…

 ドライブスルーペナルティを受け20番手に下がります。なんとか巻き返しを図りたかったが、クラス20番手でフィニッシュとなり、 初参戦のチームにGTの厳しさ、試練を与えられるようなレースとなりましたが、次戦こそ結果を出せるように、強いチームになれるよう壁を乗り越えていきたいと思います。

たくさんのご声援ありがとうございました。