HOME > MACHINE&SPEC

MACHINE
&SPEC

GR Supra GT

出展車両名 GR supra GT
全長 4,490mm
全幅 1,940mm
ホイールベース 2,590mm
乗車定員 1 人
駆動方式 FR
排気量 5.4L
トランスミッション 6速シーケンシャル

ABCペダル

右からアクセル(A)、ブレーキ(B)、クラッチ(C)ペダル。クラッチは発進時のみ使用で、レース中はアクセル全開状態でシフトチェンジを行う。

エアジャッキバルブ

素早いタイヤ交換の為に、このバルブから窒素を送り込むと、クルマに備え付けられたジャッキが底面から飛び出し、ジャッキアップされる。

ステアリングホイール

ハンドル。ドライバーは走りながらたくさんのボタンを操作し、さまざまな調整や情報を得る事が出来る。
ハンドルの向こう側にはシフトチェンジを行うパドルレバーがある。

ドライバーネット

万が一のクラッシュの時、サイドからの衝撃やスイッチ類の突起物からドライバーを守る防護ネット。

V型8気筒エンジン

V型8気筒エンジン(2UR)の専用設計。サイド出しの左右独立型、片側4-2-1ストレート配管。

ブレーキローター

ハードブレーキング時には金属製のディスクが真っ赤に燃えて見えるローター。
遠心力で効果的に排熱されるように中空構造になっている。

FAIRLADY 234

出展車両名 FAIRLADY Z34
全長 4,459mm
全幅 1,870mm
ホイールベース 2,550mm
乗車定員 1 人
駆動方式 FR
排気量 V6 3.7L
トランスミッション Hパターン6速

シフトレバー

市販車をベースに作られたレーシングカーなので市販車と同じシフトレバー。スイッチ類はレース中に触りやすいように改造されている。

エアジャッキバルブ

素早いタイヤ交換の為に、このバルブから窒素を送り込むと、クルマに備え付けられたジャッキが底面から飛び出し、ジャッキアップされる。マシーンの種類によって場所が違う。

ステアリングホイール

ハンドル。基本的には市販車と一緒ではあるが、黄色のスイッチは無線のスイッチになっており、黒いスイッチはドリンクスイッチとなっている。

ブロアーエアコン

市販車によるレースのほとんどが窓を閉めている。開けたままであれば空気の流れが乱れてしまい、あれこれ工夫してエアロダイナミクスを研ぎ澄ませた意味がなくなってしまうからだ。しかし、大量の熱源であるエンジンをフロントに積んでいるのでコックピット内は非常に暑いのでエアコンが付いている。

V型6気筒エンジン(ニスモ)

エンジン(VQ37VHR)は、最高出力261kw以上(355.0ps以上)、最大トルク374N・m以上(38.1kgm以上)を発生。車高調整式の専用サスペンションを装備し、レース用ブレーキを採用するなど、車両重量バランスとの最適化を図っています。インコネルエキゾースト1本テール仕様。テールエンド触媒付き。

488 Challenge EVO

出展車両名 488 Challenge EVO
全長 4,730mm
全幅 1,945mm
ホイールベース 2,650mm
乗車定員 1 人
駆動方式 MR
排気量 3,902cc
トランスミッション 7速F1DCT

ステアリングホイール

Evoへのアップデート時に変更された部分。GT3などと同形状へと変更された。

エンジン

ノーマルと同じくV8ツインターボで、3902cc 最高出力670hp。圧縮比はノーマルが9.4に対し、9.8と高められている。

フロントエアダクト

フロントフードを開けると、通常はトランクになっているが、チャレンジではブレーキへのダクトが配置され、ブレーキの冷却性を向上している。

エアジャッキバルブ

素早いタイヤ交換の為に、このバルブから窒素を送り込むと、クルマに備え付けられたジャッキが底面から飛び出し、ジャッキアップされる。

フロントバンパー

Ecoへのアップデートにより、フロントのダウンフォースが強くなるよう形状の変更とリップ部分が追加された。